So-net無料ブログ作成
検索選択

織田裕二 世界陸上 ウザい [芸能人]

織田裕二の世界陸上メインキャスターぶりがウザいと言われているが、2013年も世界陸上も9年連続となる続行が決定!初日からうざい司会ぶりが話題に。

9大会連続でメーンキャスター(MC)を務める俳優の織田裕二(45)「世界陸上モスクワ2013」では、「降板危機」を乗り越えて絶好調のようだ。

 

織田裕二の世界陸上メーンキャスター(MC)降板の危機

週刊文春によると、

07年の大阪大会の中継内容に不満を抱いた日本陸上競技連盟が、09年のベルリン大会前に「純粋なスポーツ中継にしてほしい」とTBSに申し入れた

という。

織田のハイテンションぶりだけでなく、TBS側の過剰な煽り演出などもあったことで陸連側は困惑したというもの。

しかし、織田の世界陸上にかける思いは強く、織田は「内容を変えるなら降りる」と反発。TBSが何とか織田を説得して出演し、ベルリン大会は以前に比べれば絶叫の少ない中継になったが、11年の韓国・テグ大会で大ファンのハンマー投げ・室伏広治の金メダル獲得で抑えがきかなくなり「ムロフシィィィィッ!」と絶叫!

ひとしきり室伏について語ったかと思えば、おもむろに生放送のカメラに背を向けて、しばらく無言でフィールドを眺めるという暴挙を敢行。

この件でまたも陸連側から番組内容についての苦情があったという。
加えて織田のギャラは2000~3000万円とも言われており、織田自身の人気も下降気味なことからTBS側も今度はメインキャスター降板の方向へと動いたという。

しかし、織田サイドは、「ギャラは半分でいいから続投を」と同局に申し出たと言われており、織田裕二の世界陸上に対する思い、ハイテンションは本物なのだなあと実感させられる。

世界陸上2013の方は、ウサイン・ボルトが金メダルを獲得、室伏広治も決勝進出と盛り上がっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

桑田 息子 バンド「READ ALOUD」でデビュー [芸能人]

サザンの桑田の息子がバンドデビューしていた。そのバンドとは、「READ ALOUD」

桑田の息子は長男・桑田祐宜(ゆうき・27才)。27歳とデビューするには少々遅い年齢のような気もするが、それもそのはず、桑田圭祐は息子のデビューに関しては、

「まだデビューできる実力なんてない。どうしてもデビューしたいのだったら、絶対に『桑田』の名前を使うな。それでもデビューさせてくれるところがあるなら、すればいい」

と基本的には反対していたという。

しかし、桑田さんの食道がんをきっかけに、息子も本気で音楽に向き合うようになり、桑田さんは息子のために何かできるうちにしておこうと決意したということです。

桑田さんの事務所もレコード会社も全面的にバックアップして今回の桑田祐宜さんのバンド、「READ ALOUD」はデビューを果たしました。

芸能人の七光り、二世タレントと馬鹿にされることは覚悟の上で、そうならないためにも音楽的にも最高のものを作るべく、本来、桑田祐宜さんが組んでいた、イエローマーフィーズでも、青山学院大学時代にサークル内で組んだ"Ero Green Classix"(エログリーンクラシックス)というバンドでもなく、「READ ALOUD」というプロになるためのメンバーでのバンドでデビューとなったようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

松浦亜弥(あやや)芸能界から干された理由 [芸能人]

松浦亜弥(あやや)が芸能界を干されていた!?あややは人気絶頂だったアイドル時代の後、突然テレビで見かけなくなったと思っていたが、それにはそれなりの芸能界の事情があったようだ。

g2006080706aya_b

あややは、01年につんくのプロデュースで「ハロー!プロジェクト」の一員として歌手デビューし、その年のNHK紅白に出場。アイドルらしいアイドルと高評価で人気も高かかった。しかし、アイドル業は順調だったのだが、そのあとがイケナかった。

2004年、日テレの連続ドラマ「愛情イッポン!」に柔道少女役を演じて主演するもまさかの平均視聴率7%台と大コケ。
さらに、2006年、主演映画『スケバン刑事コードネーム=麻宮サキ』が興行収入2億円と大コケ。興業的にも映画の出来や演技にも完全な失敗と烙印をおされる。

これによって、あややに女優は無理という評価が業界内では出来上がっていったようだ。

さらに芸能界を干される強力なきっかけとなったのが、2005年、ダンス&ボーカルユニット「w―inds.」の橘慶太(25)との交際が発覚したことだ。

女優としての評価を下げ、一般客が離れていたところに、コアなファンまでも失うことになり、歌手活動の方もじり貧状態。2010年以降はオリジナルアルバムさえ出ていない。

レギュラー番組も次々に降板となり、一般の目に触れる機会が殆どなくなった。

さらに、子宮内膜症という病気のために満足に仕事に集中できない状況になったことから、芸能活動もさらに縮小していく。

この先は、ヘアヌードか結婚での芸能界引退しかないのでは?と噂されていたが、2013年8月、12年交際した、w-inds.のボーカル、橘慶太と結婚した松浦亜弥(あやや)。

ファンサイトの結婚報告では、今後も芸能活動を続けていく、とのことだが、今後の活動については微妙な状況である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

半沢直樹 壇蜜 演技 下手 [芸能人]

半沢直樹に出演中の壇蜜の演技力についての評価について。

正直なところ、大根と言えるでしょうね。演技に関しては。ただ、彼女の見た目や雰囲気、存在感は今、他のタレントにはなかなか出せないものだからそこに価値があるのでしょう。

演技は初めてなんでしょうから、最初から上手なわけがないですからね。

しかし、壇蜜ってあんな高い声でしたっけ。なんかセクシーで低音だったような気がしたのですが、あの声がかなりまずいですね。

大阪弁がどうのこうのと言ってましたが、そんなのはドラマではどうでもいいこと。それを言い出したら東田役の宇梶さんの大阪弁もありえないことになってますからね(笑)

今までは東田のそばで黙っているだけでよかったですが、5話以降はストーリーの重要なポイントになってくる役柄です。壇蜜さんの演技に注目しましょう。

【送料無料】エロスのお作法 [ 壇蜜 ]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

半沢直樹 ネタバレ 5話 [芸能人]

半沢直樹 5話のあらすじをネタバレ注意で紹介します。

半沢直樹は第1話から視聴率が毎回アップし、第四話が瞬間最高視聴率30%を突破、平均視聴率27.6%と今年放映されたドラマの中で最高の視聴率を獲得している人気ドラマです。

5億円の粉飾詐欺の責任を押し付けられ真相解明に奮闘する銀行員半沢直樹の物語。前回の四話では、半沢(堺さん)が、今回の5億円詐欺事件の黒幕が浅野支店長(石丸幹二)であることを突き止め、証拠をえるために西日本スチールの東田(宇梶剛士)の愛人・未樹(壇蜜)と交渉し、協力を約束させたのだが……。というところでした。

 

半沢直樹 ネタバレ 5話

そして気になる「半沢直樹」第5話のあらすじがこちらです。

半沢との約束を反故にし、未樹(壇蜜)は国税局の黒崎(片岡愛之助)の元へ出向き、東田から貢がれた店の運転資金を見逃してもらうことを条件に協力を約束し東田の潜伏先を教える。国税局が東田の潜伏先にやってきた際に、未樹は打ち合わせ通りに東田から渡された印鑑や通帳を持って逃走しただ、東田との約束の場所へは向かわずに国税局の黒崎の元へ向かう。

半沢直樹はその頃、浅野(石丸幹二)から出向の内示を言い渡されてしまう。一刻も早く証拠をつかみ浅野のたくらみを証明し、5億円を回収しなければならない。半沢直樹は浅野を倒すためにある行動をとる。

 

半沢直樹の原作

池井戸潤の小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
Copyright © それほんとweb(公式) All Rights Reserved.
田崎真珠の株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。